円滑な準備を目指す

Pocket

借地権は他人が所有している土地に建物を建て、契約期間の間その存在を保証するという権利です。借地権は契約期間が過ぎたら費用を支払って更新したり、権利を放棄して建物を取り壊したりと、様々な契約内容が取り決められています。もし借地権が不要になったときは、地主とも相談して上で、借地権を誰に買い取ってもらうことが出来るので、もし買取が必要になったら、買取の支援を専門に行っている企業などにサポートしてもらいましょう。

借地権を買い取るといっても、そもそも買い取ってくれること自体知らなかったという方や、どこにどう買い取ってもらえば良いのか分からないという方も少なくありません。そのため専門家に相談した場合、まずすぐに買取のために行動するのではなく、直接スタッフと話をするなどの準備期間をおきます。そうすることで、借地権の買取に至る経緯や、どのように買取を進めたいかなど、作業を円滑に進めるための下準備を進めることが出来ます。

借地権の買取はトラブルが起きやすいです。買取先が見つからないこともあれば、地主が契約の変更や買取を認めてくれないこともあります。いずれにしても自分だけで行動すると、中々状況が改善しませんが、専門家に任せれば、独自のネットワークで購入希望者を見つけたり、話し合いにも参加して、お互いが納得できる取引にしてくれるでしょう。